医者

治療できる精神の病気【うつ病はしっかり管理して治していこう】

抗鬱剤の服用と経過観察

女性

多様な種類の抗鬱剤

うつ症状、もしくはうつ病と診断された際の治療はその原因となるストレスをもたらす環境や事象から可能な限り隔離することと、抗鬱剤を服用することです。ストレスをもたらす環境や事象から可能な限り隔離するとは、例えば勤務先での働き過ぎが理由でうつ症状に陥ってしまった場合は症状が改善するまで勤務先を休むなどといった対応です。そしてもう一つの治療が抗鬱剤の服用です。抗鬱剤にはタイプや強さに応じて多様な種類が存在します。そして、精神科や心療内科を受診した際の診察は内科の受診などとは異なり患部を見たり触診をしたりといったことはありません。診察は医療面接のみで行い、必要であれば患者本人だけでなく患者の家族にも話を聞くといった形態となります。従って医療面接だけで患者に最適な抗鬱剤を処方するということは困難ですので、初診時に処方される抗鬱剤は患者にどの程度効果があるのかの確認を目的としたテスト的な意味合いもあります。ですので、治療をより効果的なものにするために、その次の診察の際に抗鬱剤の効果がどの程度のものであったかをなるべく具体的に医師に伝えることが大切なのです。そして、医師は患者からのそうした話を基により効果が高いと思われる抗鬱剤を処方していくのです。

最低でも1年の経過観察

うつ症状やうつ病の治療が効果を上げ、症状が改善されていくと、精神科や心療内科の医師は処方している抗鬱剤の服用頻度や1回あたりの服用量を少なくしていきます。そして服用頻度や1回あたりの服用量を減らしても症状が悪化することなく改善されていくサイクルが続けば、やがて定期的に抗鬱剤を服用する必要がなくなるのです。定期的に抗鬱剤を服用する必要がなくなればいったん治療は完了となり、後は経過観察という形になります。しかし、治療が完了したからと言って完治したと考えるのは早計なのがうつ症状やうつ病の特徴です。というのも、うつ症状やうつ病は再発の可能性が少なくない症状であるからです。従って定期的な服用が不要になっても、もし調子が悪い時があれば、抗鬱剤を服用するべきですし、それで症状が改善しない場合は精神科や心療内科を受診するべきです。また、予め調子が悪い際はどの程度の量の抗鬱剤を服用すれば良いのかを医師に確認しておくことも大切です。加えて、そうした調子の悪い時が無くなったとしても、少なくとも最初のうつ症状の発症から1年が経つまでは経過観察が必要です。というのも、うつ症状やうつ病は季節の変わり目に悪化しやすいという傾向と、最初に発症した季節と同じ季節に悪化しやすいという傾向があるからです。だからこそ、最初の発症から1年後の、最初の発症と同じ季節の際は注意が必要ですし、その時期も調子が悪くなることなく乗り切ることができれば、初めて治癒したと考えても良いのです。しかし、前途の通りうつ症状やうつ病は再発しやすい病気であるため、一旦治癒しても、再発への注意は常に必要です。

精神科・心療内科

医師と患者の手

うつ病は精神的ストレスが原因で心や体に症状が現れる病気です。遺伝的要因だけでなく環境要因や身体的要因が原因となって発症します。特に環境の変化や人間関係の変化の多い若者はうつ病の人が増えています。まずは内科を受診して、異常がないと診断されたら精神科・心療内科で治療することが肝要です。

Read More...

職場の人間関係が原因

女性

男性の2倍もの数の女性がうつに悩まされています。うつは、様々なことがきっかけで発症すると言われていますが、中でも「職場」に関することがきっかけとなり発症する場合が増えているようです。うつは、反論が苦手な誠実なタイプの人に発症しやすいので注意しましょう。発症した場合には早期治療が望ましいです。

Read More...

心と体の病気

中年女性

うつ病治療に何よりも必要なのはストレスをためないことと、精神、薬物療法です。これらを抗鬱薬と組み合わせて、生活面では十分な睡眠をとることが大切です。薬には個人差があります。担当医師の段階的な式に従う治療が重要です。

Read More...

誰でもなりうる病気

病院

うつ病の治療において、根本的に克服するためには、ゆっくりと時間をかけて自分を少しずつ変えていく必要があります。そのためには良い医師にめぐり合うことが何より大切で、病院の口コミなどでは印象の良い医師に人気が集まっています。

Read More...